連動?

 為替が堅調だ。勢いが続けば1ドル=100円台回復の可能性が視野に入る。日中やるか、欧米時間にやるかというところだ。
 円安が進めば、日経平均上昇の口実になるし、実際に輸出企業の業績悪化が緩和するするだろう。
 すっきり動くようなら、頭を切り替えて、売り目線から買い目線にスイッチすべき局面だろう。各所にインチキが仕込まれているので、戻しても不思議ではない。
 ただし、ドル・円は伸び切れずにピークアウトの恐れもあるので、気をつけたい。
 やや、乗り遅れたが98.37からロングをキープ中。一部、20ティックで決済したので、ノルマは十二分に達成した。
 つまらない相場に付き合うのは不毛である。

制御不能

 先物からの引退を真剣に考えている。これだけデタラメな値動きをされたら対応のしようがない。要は1日10ティック(pips)確実に稼げればいい。それだけの話である。テクニカルがまともに機能しているFXやCFDをつかって様々な市場にアクセスできるのだから、正常な相場を相手にすればいい。
 日経先物はベクトルは明らかに下向き。中途半端な買い支えが相場を歪めている。数日中には決着がつくのだろうが、こんなデタラメな相場とはつきあっていられない。
 どうせ500円くらいのあり得ない窓かギャップをつくって片が付くのだろう。買い支えている人たちも何がなんだか分からなくなっているのではないだろうか?
 もし本気で相場の崩壊を防ぎたいのであるならば、7300円を明確に上抜ける必要があるし、先週末、押し戻された7600円にチャレンジし、今度は勝つべきだろう。
 相場の流れや買い方と売り方の力学をを無視した、市場操作は難しいのである。このあたりでうろうろして、米国市場の戻りを利用して、戻す戦略だろうか?それも無理があるだろう。7100円を守りたいらしいが、どれだけ頑張っても50円戻すのがやっとである。
 買い玉が尽きた時、どういう事態が起こるのか?想像力をたくましくした方がよさそうだ。

下を向いて歩こう

 下げるべき時にきちんと下げないのが今回の下落局面の最大のネックとなっている。
 普通なら下落から戻り局面に転換する時に、買い玉を投げさせてけじめをつける動きがあるが、今回はまったくそれが見られない。要するに下値の落としどころが見つけられないから、だましだましやっているだけの話である。
 もし本気で戻す気があるならば、明日あたりは7300円を奪還して、7600円に再チャレンジすべきである。そうすれば7800円台、ひいては8000円台への展望が開けてくるだろう。
 常識で考えればそれはあり得ないが、最近の動きはすべて常識外れであるから、そういう動きがあっても別に驚きはしない。
 ただ、素直な動きにならない以上は、買い方と行動を共にするわけにはいかない。常に下を意識して進んでいくしかあるまい。

劇団ひとり

 7300円に分かりやすい1200枚板。価格操作モード継続である。こうなると買い方の独壇場。戻すなら戻す、崩れるなら崩れる。分かりやすくやってほしい。
 プラス引けできるのか?7300円を明確に上抜ければスタンディング・オベーションだが。

PKO

 メジャーSQ対策のPKOといったところだろうか。7080円で下げ止まれる自信があるのならば、7300円を抜ける勢いがあってもいいはずだ。
 下げるたびに中途半端な買い方をするバカディーラーがいるのは相変わらずだ。いずれナンピンに行き詰まって「追い証売り」に転化するのだろう。
 米国経済と比べたら、まだ健全な方だとは思うが、根拠のない買いだけはやめてほしい。全員を不幸にするだけである。

金融・証券・FX情報専門のまとめサイト