下を向いて歩こう

 下げるべき時にきちんと下げないのが今回の下落局面の最大のネックとなっている。
 普通なら下落から戻り局面に転換する時に、買い玉を投げさせてけじめをつける動きがあるが、今回はまったくそれが見られない。要するに下値の落としどころが見つけられないから、だましだましやっているだけの話である。
 もし本気で戻す気があるならば、明日あたりは7300円を奪還して、7600円に再チャレンジすべきである。そうすれば7800円台、ひいては8000円台への展望が開けてくるだろう。
 常識で考えればそれはあり得ないが、最近の動きはすべて常識外れであるから、そういう動きがあっても別に驚きはしない。
 ただ、素直な動きにならない以上は、買い方と行動を共にするわけにはいかない。常に下を意識して進んでいくしかあるまい。

劇団ひとり

 7300円に分かりやすい1200枚板。価格操作モード継続である。こうなると買い方の独壇場。戻すなら戻す、崩れるなら崩れる。分かりやすくやってほしい。
 プラス引けできるのか?7300円を明確に上抜ければスタンディング・オベーションだが。

PKO

 メジャーSQ対策のPKOといったところだろうか。7080円で下げ止まれる自信があるのならば、7300円を抜ける勢いがあってもいいはずだ。
 下げるたびに中途半端な買い方をするバカディーラーがいるのは相変わらずだ。いずれナンピンに行き詰まって「追い証売り」に転化するのだろう。
 米国経済と比べたら、まだ健全な方だとは思うが、根拠のない買いだけはやめてほしい。全員を不幸にするだけである。

底無し相場

 ダウ先物は7000ポイント割れ。このまま推移すれば、再び世界同時で暴落局面入りしそうな気配である。
 週末に書いた通り、7600円をめぐる攻防は、買い方の負けで決着がつきそうだし、本日後場引け間際にも7300円がらみで同じような攻防が見られた。
 もちろん、まだ断定するわけにはいかないが、このまま下げて、底値を探る動きになった方が自然である。
 先週金曜日のイブニング・セッションでしつこく7500円近辺で買っている連中がいたが、救いようがないバカである。
 もちろん、公的資金を使って買い支えようという動きがあるのも事実だが、相場力学を無視して、価格を維持するのは難しいだろう。
 中途半端な買いが入ることが、ここ最近の相場の動きを難解なものにしている。この期に及んで何を期待しているのかしらないが、「買い目線」が続いているが、あまりあてにしない方がいいだろう。
 しばらくはロングのオーバーナイトなど言語道断である。

板操作相場

 相場が正常ならば、滅多にお目にかかれないはずだが、このところ連日のように1000枚が出現する。それだけ行き詰まっているということだろう。
 本日は7300円の買い板がしつこいが、7300円はサポートラインになり得る価格ではない。7360円ならまだ説明はつくが。
 放置すればどこで下げ止まるか分からないので、とりあえず、行く手をふさいだということだろう。
 セリング・クライマックスがあるまで、下げ止まったと判断しない方がよさそうだ。
 もっとも、今度、激しく下落すれば、マーケットは永久に再開されない事態に陥る可能性も高いが・・・。

金融・証券・FX情報専門のまとめサイト